本文へスキップ

不動産情報 住宅・マンション・土地・司法書士業務のご相談は森総合事務所へ

電話でのお問い合わせは0883-52-3430

〒779-3610 徳島県美馬市脇町大字脇町2番地3

成年後見制度HEADLINE

成年後見制度とは

成年後見制度は、判断能力が不十分なために、財産侵害を受けたり、人間としての尊厳が損なわれたりすることがないように、法律面や生活面で支援する身近な仕組みです。


こんな時に利用できます
ひとり暮らしの老後を安心して過ごしたい。高齢者施設などに入所するための契約をしたり、入所  費用を払ってもらいたい。併せてこれまで経営してきたアパートの管理もお願いしたい。できれば  今から頼みたい。
初期のアルツハイマー病を発症。今ひとり暮らしだが、自分の意思で悔いのない人生をおくりたい。

使うはずもない高額な健康器具など頼まれるとつい買ってしまう。
 

私たち夫婦が亡くなった後、知的障害のある子の将来が心配。その子のために財産を残す方法やその使い方、施設への入所手続などどうしたらいいの?
認知症の父の不動産を売却して父の入院費にあてたい。


 
寝たきりの父の面倒をみて財産管理をしてきたが他の兄弟から使い込みを疑われている。


  老人ホームにいる母の年金を勝手に使ってしまう兄に困っている。




どのように支援するのか

もし被後見人の方が一人で高額な布団などを購入してしまったとしたら。被後見人に代わって適切な価格で布団を購入するための交渉をしたり(代理権)、取り消す旨を伝えたり(同意権・取消権)して、被後見人の方が不利益を被らないように支援します。
この場合ご本人の希望を尊重し(自己決定の尊重)、生活状況、体力や精神状態など配慮して(身上配慮義務)、被後見人の方にとって最も良い方法を選んで行うことになります。


 判断能力が衰える前 判断能力が衰えた後 
 「こんな時に利用できます」
2の場合
〈任意後見制度〉が利用できます
今、将来のために、「支援する人」・「支援内容」
を決めておきます。将来望みどおりの支援を
受けることができます。
 「こんな時に利用できます」
37の場合
〈法定後見制度〉が利用できます
支援がどこまで必要かによって「補助」・「保佐」・「後見」の三つの利用の仕方があります。柔軟に工夫出来るので、利用する人にあったメニュー作りが重要です。


上記お問い合わせはこちらまで→ udatuageo@gmail.com